かっぱえびせん

好きなことを好きなだけ

明日の君に

前置きしておきます。

重いです。

しんどいなって思ったらやめてください。

 

不快にさせるかもしれませんが、ご了承ください。

 

 

 

King&Princeがデビュー発表してから、はや2ヶ月。

 

デビューシングルがシンデレラガールに決まり、雑誌もすべて6人での扱いに変わった。

 

きっとこれからもっと色んなことが変わっていく。

 

それは喜ぶべきことだとこれまで私は自分に説いてきた。

 

そしてなにより私はキンプリという括りが大好きだったはずなのだ。

 

売るためにはこの6人だって前々から言ってきたし、

6人のパフォーマンスは強い。

よくW主演だなんて言葉を聞くけれど、

彼らのステージは6人全員が主役だ。

誰一人だって欠けることなく、曲の主人公になることが出来るグループなんてそうそうない。

しかも仲がいい。

岸くんはなんやかんや言われつつもリーダーとして信頼されていて、愛されている。

 

一人一人のキャラクター設定まで秀逸だ。

 

こんな出来たアイドルグループ他にあったか??

 

そう問いたくなるほど、彼らはカッコイイ。

 

まさに最強で最高のアイドルだ。

 

でもその一方で、ちょっと苦しい自分もいた。

 

彼らはキラキラと輝いていて、

経歴だけ見ればエリートだと言われるだろう。

押しも押されぬジャニーズJrのトップ2組の待望のデビュー。

 

でも私はその謳い文句に少しだけ疑問を感じてしまった。

 

Princeは常に2番手だった。

1度だってその構図がひっくり返ることはなかった。

スポットが当てられるのはいつもKINGばかり、コメントが使われるのも、インタビューされるのもいつもいつもKING。公演だってKINGの前に名前が乗ることなんて単独でしかない。常に二番煎じ。苦しかった。他グル担からすれば2番手でもありがたいと思えと言われるかもしれないけど、苦しかった。

 

何が足りないのか??

どうすればKINGに追いつける?追い抜かせる?

 

近くにあるようで届かなくて、掴めなくて…

 

それは2015年の夏。1度目のチャンス。神様の前髪をつかみ損ねたあの夏から問い続けてきた。

 

グループが二つに分かれてから、JWにPrinceは出れなくて、そのあとグループ表記が消えた雑誌もあって。HiHi Jetという新しいユニットが出来て。焦りと不安がジリジリと胸を焦がす。そんな苦しい冬を越えて、3人でジャニーさんにもっと3人で活動していきたいと相談して始まった真夜中のプリンス。

 

そこから始まる、PrinceとPrincessというちょっと変わったアイドルとファンの形。

 

最初は引き気味だったファンも彼らが恥ずかしがらず言うもんだから段々自覚が出てきて。

それが段々ファンの団結力に繋がっていった。

本当に大好きだった。

 

愛した分だけ、

愛を返してくれるのだ。

 

雑誌でもどこでもPrincess、Princessってこっちが恥ずかしくなるほどに。

 

その様はまさにバカップルのようだったに違いない。

 

そんなきっかけになってくれた真夜プリが終わると知ったとき、私はハッとした。

 

私は自分が思う何倍も、何十倍も、

 

Princeが大好きだったんだって。

 

この3人しか作り出せない関係性の虜になっていて、そこから抜け出したくないって思ってたんだって。

 

Jr担をやっている以上、

括りにはこだわらない、

岸くんが笑顔でいれる空間であればいい

という信念のもと

うまくやってきた気でいたけど、

気づかないうちに、

3人にこだわってる自分がいた。

誰よりもPrinceという形にすがっていたのは私だったということに気づいた。

 

これがデビュー発表の日から抱えていた消えなかったモヤモヤの正体だったんだって気づいた。

 

きっと寂しいんだ。Princeって形じゃなくなったこと。

 

きっと不安なんだ。これからも変わらず愛してくれるのか。

 

だから無理して6人をすぐに受け入れようとするのはやめようと思う。

 

ここでぶつぶつ言っててもそれはまさに机上の空論だから。

 

偉人の言葉を借りるならば、案ずるより産むが易し。

実際に見なきゃ何もわからない。

私はコンサートに行ってから考えようと思っている。

 

きっと最強で最高の6人が私を立派なキンプリ担にしてくれるに違いない。

 

この6人ならきっと新しい歴史をつくれるとワクワクしている自分もきっとどこかいるのだ。

 

楽しみだ。

 

だから早く詳細メールください。

 

 


f:id:yutasho0929:20180325114616j:image