岸くんお誕生日おめでとうのブログ

岸くんお誕生日おめでとう〜!!

 

たいして書くこともないのにこれだけを伝える為にブログを書き始めました。

たぶんぐだぐだしてると思うけど読んでくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

私は最近考えていることがあります。

 

それは

私はどうして岸優太が好きなんだろう

ということです。

 

私は

いつの間にか担当という形になっていて、

私のジャニーズの世界は

岸優太を中心に回っています。

それに後悔なんてしたことが無いし、

毎日

岸担で良かったァ(ブルゾン)

と言うくらいには岸沼にズブズブです。

彼の周りは常に平和で

見ていると微笑ましいし、

笑顔を生んでくれる存在でもあります。

 

でもどうして

星の数ほどいる芸能人の中で、

国の数ほどいるジャニーズという存在の中で

岸優太という人が好きなのか、

自分の中でうまく説明出来なくて

悩んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この夏。

岸くんを一目みたとき、

そのモヤモヤが一瞬で晴れました。

 

理由なんて、ただの建前で。

 

ジャニーズなんて、ただの肩書きで。

 

今はただ、

目の前にいる人が人間として好きなんだ

と思いました。

 

その生き方が。

努力のあとが見えるダンスや歌が。

目線で語る演技が。

くしゃっと笑う笑顔が。

隣で踊る仲間たちが。

その全てが

一人の少年だった彼を

アイドルにしていて、

彼をこんなにも魅力的に見せているんだと

感じました。

 

彼を見るとなんだかワクワクして。

曲を聴くと明日も頑張ろうと思えて。

ファンになったことを後悔はしていません。

たまにファンをやめたい

そう思うこともあるけれど

こんなにも感情を揺さぶられるアイドルは

岸優太が私にとって初めてです。

 

 

 

 

いつか、私が岸優太を好きじゃなくなる日が来ても。

 

 

今この瞬間

私が岸優太を好きだったという事実は

変わりません。

 

こんな重たいブログを書いていたということも。

 

 

 

いつか見返したときに恥ずかしくなってしまうと思うけどそれを私の思い出として残しておこうと思います。

 

 

今も上手く答えは出ないけど、

悩めば悩むほどに

岸くんの魅力を知って、

内面に惹かれていって

好きが積もる。

 

お母さんには一生岸くんの魅力がわからないそうですが、たぶんこれからも私は岸優太が好きです。

 

岸くん、22歳のお誕生日おめでとう。

あなたの描いた未来にたどり着けますように…🌠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩崎大昇くんの誕生日によせて私情

皆さん!

学生の皆さんは夏休みどうお過ごしですか??

 

そろそろ飽きてきましたか?

終わらない課題に絶望感感じてますか??

 

だいたい六本木にいらっしゃるパリピの皆さん。

最終日まで引きずるなんてことはなく、

宿題は計画的に。(那須ボイス)

 

 

 

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

 

今日のお話は完全なる私情です…。

 

 

私は本日8月23日にまた1つ年をとりました。

 

8月23日といえば…????

 

岩崎大昇の誕生日!!

ということですね。

 

同じ日に生まれ落ちた(言い方)

 

私には彼のつらさがよくわかります。

 

夏休み中で誕生日忘れ去られてるし、

 

誕プレなんとなく貰えるタイミングないし、

 

8月23日ってなかなか覚えてもらえないんすよ…。

 

 

 

そんな8月23日生まれにしか、共感できない話は置いといて、

 

 

本題です。

 

私のポリシーについてです。

Twitterで私が少しだけ、

自分の中で決めていること

をお話したいと思います。

 

基本的に、私は

 

マイナス発言をあまりしたくありません。

 

やっぱり言霊ってあると思うんですよ。

 

Jr担をしている以上、

やっぱり仕事がうまく繋がったり、

逆に繋がらなかったりして

一喜一憂することがおおいと思います。

 

これは精神論的な話に

なるのかもしれないけど、

マイナス発言すると

さらに不安な気持ちになってくるんです。

人の不安な気持ちを見てしまっても。

 

だから極論をいうと、

好きなものを好き!

と言ってるだけの自分でいたいなと。

 

苦しいのも悲しいのも全部受け止めて、

その壁を超えた先でも

好き!

ってなれたら幸せなんじゃないかってふと思いました。

 

 

 

 

P.S.

私と岩崎大昇のもっとすごい数奇な運命を聞きたい人はこっそり聞きに来てください。

 

みんな、誕生日祝って…(切実)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HiHi Jet

まず、初めに言っておこう。

私は

Prince担でそれが揺らぐことはたぶんない。

 

それにPrinceについてのブログを書かないのは書けないだけ(言葉にできない)

 

でも今日のブログだけはHiHi Jetにデレデレになる私を許して欲しい。

 

 

彼らは最高の青春を

駆け抜けている最中だから。
f:id:yutasho0929:20170823110625j:image

 

その一ページを追いかけたい私がどこかにいることに気づいてしまった一人のヲタクの文章を目をつぶって読んでほしい。

 

あと猪狩蒼弥さんどうか私に語彙力ください

 

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

 

私は実はグループ結成時から、

HiHi Jetというグループは認識していました。

 

とはいってもはしみず(橋本涼井上瑞稀のコンビ名)とあと二人というイメージでした。

 

はしみずは私の今の自担と同期くらいのベテランです。

 

二人はガンガン20歳くらいのJrにタメ語&呼び捨てでいくので(先輩だから)最初に見たときは驚くと思います笑笑

 

正直、

最初はあまり好きじゃなかったというか、

突然出てきて事務所からの愛を一心に受けるグループというイメージでした。

 

そのグループのイメージが変わったのは

クリエです。

今年のクリエ。

Jr祭りでは感じなかったパワーをどこかに感じていました。

その時、猪狩さんが怪我をしていて、

 

HiHi Jetは3人。

 

対して、

同じ公演に出ていた東京B少年は倍の6人。

 

同じオーラを3人で出さなければいけないというのはとてもたいへんなことだと思います。

 

それに相次いだ、東京B少年のMステ。

HiHi Jetは紹介されること無く、バックという立場での出演でした。

 

たぶん、そこからだったと思います。

 

一人一人の意識がHiHi Jetに向いていっているのを感じていました。

 

それは雑誌の発言から。優斗くんのらじらーから。

 

それまではどちらかというと

HiHi Jetは技術重視というか

個でアピールする雰囲気を

感じていたのですが、

猪狩さんが舞台をお休みしているあいだに、

グループとしてどうあるべきか

という所に着地点を見つけた気がしました。
f:id:yutasho0929:20170823110659j:image

 

四人で一つ。

 

それはまるで四つ葉のクローバーのように。

 

 

 

 

実はこの決断はとても勇気がいることです。

なぜなら、

ジャニーズJrというのは

とても不安定だからです。

 

いつ、

グループが解散するのか分かりません。

グループがちりじりになってデビューなんて珍しいことではないのです。

それをよく知っているはしみずだからこそ、技術重視で自分の力で生き残っていけるようにしていたのだと思います。

そこをグループとしてに切り替えたHiHi Jetは今までよりも強く、そして大きくなりました。

 

ただ、私が

パフォーマンスの面だけでなく、

その他の面でも一体感のあるグループが

好きなだけということもあるとは

思いますが、

 

 

グループに重点を置いたHiHi Jetは今、第2章の幕開けを迎えていると思います。

 

これから、

彼らがどんな活躍をしていくのか。

どんなステージで、

どんな表情を見せてくれるのか。

どんな景色を一緒に見れるのか。

 

私は楽しみで仕方がありません。

私は愉快なHiHi担達とその青春を見届けたいと思っています。


f:id:yutasho0929:20170823110741j:image

 

最後に。

 

髙橋優斗好きな人は絶対岸優太もすきだからみんな両方好きになってね

 

 

中身がないHiHi Jetについての主観ブログでした。猪狩さん語彙力ください。

 

 

 

私はどうしてジャニーズJrが好きなのだろう

皆さんはどうして今の自担を応援していますか?

 

 

 

様々な答えが考えられると思います。

たとえば単純に、

顔が好き

とか

歌が好き

とか

なんと言っても演技!

などなど…

 

人によって理由はさまざまでファンになった原因も人それぞれだと思っています。

 

私が岸優太を応援しているのは、

というより、好きになったのは彼がジャニーズJrだったということが大きいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、

全くジャニーズJrに興味のなかったある夏。

私は一つの番組に出会いました。それは

ジャニーズJrの真実

という番組です。

それは今から五年前に放送された番組で、SUMMARYにでるJr達に密着した番組でした。(私が見たのは某動画サイトです)

 

もちろん、

動画サイトをさまよってるくらいですから、私はだらだらと宿題やりつつ、テレビ録画を消費しつつという典型的な夏休みを送っていました。

 

 

でも、画面の中の

今の私と同じくらいの年齢の子達は、

 

毎日、自主的にレッスンを受けて、休みが全く無いくらいなのに、楽しそうに、ただガムシャラに踊り続けていました。

 

 

 

 

まず、それが私にとって衝撃でした。

 

何が楽しくてやってるんだろう?

 

それが不思議で仕方がありませんでした。

 

そう。そのたくさんのJrの中には現在の自担である岸優太もやがて同じPrinceのメンバーとなる神宮寺勇太岩橋玄樹もいるのですが、まだ私は個人認識なんてしていません。

 

でもただ、ひたすらに一生懸命駆け抜ける夏がただひたすら眩しく、それと同時に羨ましいという感情が私の中で渦巻き始めました。

 

自分の性格上、

私は幼い頃から大きな夢を見ることが出来ませんでした。

 

 

 

やりたい!と思ったことがあっても

 

その方法と、

 

確率と、

 

できなかった場合ばかり

 

を考えてしまい、

 

すぐに諦め、

 

現実的で掴み取れる未来を描き直してきました。

 

でも、画面の中の彼らは、

 

同年代なのに全く違いました。

 

彼らが抱く、デビューという夢は、ほんのひと握りの人しか掴むことができません。

 

デビューまでにグループ結成から10年かかったグループがあれば、入所してからすぐにデビューしてしまうこともあるのですから、不確かで捉えようのない未来です。

 

どこまで走り続ければゴールにたどり着けるのか、分からないマラソンをしているようなものといえば、

ジャニーズJrの抱く夢がどんなものかわかるでしょうか。

 

出来なかったら終わりだからね

 

私と同年代または年下の子達が達観したような目で語る姿はなんだか異様でした。

 

私が言うのもなんですが、

 

ちっちゃい頃なんて失敗してナンボなところってあるじゃないですか。

 

なんでも失敗するのはあたりまえで。

いっぱい転んでその分だけ立ち上がって、

それで成長していくところもあると思います。

 

でも彼らのいる世界は違います。

彼らを見るために何千人、何万人というひとが高いチケット代を払っています。

 

彼らはどんなに小さくても、

どんなに未熟でも

1人のエンターテイナーとしてステージに立ち続けなければならないのです。

 

その覚悟がない者は容赦なくふるい落とされていきます。

 

一つの失敗が運命を変えてしまう

逆を返せば

一瞬で運命を変えることが出来る

それがジャニーズJrなのだと知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 見ていくなかでなにがこんなに彼らを大きく、大人に見せているんだろうと疑問に思いました。

そして

私と彼らとの一番の違いに気が付きました。

 

 

それは

できない場合を考えない

ことでした。

 

できない場合を考えるのではなく、
今出来ることを
今自分の持てるすべてでやりきること

 

それが、

一人一人の言動だったり

行動だったりから

感じられました。

 

それがジャニーズJrなのかもしれない。

不可能を可能に。

impossibleをI’m possibleに。

アポストロフィーをつけることが出来るのは

ただ、ひたすらに今を駆け抜ける少年たちなんじゃないか。

 

そう思うと、

彼らの『今』をこの一瞬を見届けたい

そんな衝動に駆られました。

そこから私のJr担人生は幕を開けました。

 

Jr担になってからわかったこと

それは

嬉しくて、楽しくて、苦しくて、切ない

いろんな感情がゴチャゴチャになってキャンパスにぶちまけられてるかのような感覚になることです。

 

そしてもう一つ。

誰かの喜びの影に誰かの悲しみがある

これはJrに限らず、

どんなことにも言えることですが、

彼らがみんな一生懸命に努力していることを見てきたからこそ、情が移るというのか。

一緒に活動してきたメンバーの活躍が

心の底から祝えない苦しさ。

喜んでいるツイートを見かけるとつい、目を背けて、Twitterを閉じたくなってしまう。

 

苦しい、悲しい、切ない。

まるでそれは花が散るように。

花は散り際が1番美しいといいますが、

私は出来るだけ咲き続けてほしい。

いつか、散ることは知っているけど

今だけはそのままでいて。そう願ってしまいます。

 

動画の中で

『努力することで夢は叶うと思いますか?』

という質問が出てきます。

以前の私なら

『そんなことはない。努力をしても出来ないものは無理だ』

と言いきっていたはずです。

 

 

でもJrを見ていると

なんだか叶うような気がしてくるのです。

彼らに明日を託したくなってくるのです。

 

そんな力があることもジャニーズJrの魅力だと思います。

 

 

 

もちろん、ジャニーズなんて

 

自分の話ではないし、

 

正直、

 

ジャニーズJrの

一人二人がどうしたからって

明日の生活が一変することはないし、

私たちにとってはデビュー

待ち焦がれたものだけど、

興味のない一般の人たちにとっては

ただのニュースでしかない。

 

 

 

 

でも、応援をしている私たちが願うのは

明日も自担が笑顔でいられますように

これだけだと思っていて、その延長線上にデビューがあって、これだけのために私はファンを続けているのかなって思います。

 

もっと大きな箱で。

出来ればPrinceで。

Princeがここに立ててよかった。

ジャニーズに入って良かったと思ってくれるその日まで。

会場全体を一つにしてPrincePrincessを歌うその日まで。

 

 

 

 

私は多分岸優太を応援する一人のファンで居続けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに岸優太が好きってことでした。

 

健人の女からprincessになる話

突然ですが、

担降りブログが書きたいんです。

みんなの、もともと熱中していたものを超えてさらに熱中するものへ落ちる時の熱量ってものすごいものだと思うんです。私はそれがすごく好きでよく読んでいます。

だから、書きたい。でも、現実は

岸優太がしんどすぎて降りれそうにない

これ書くのいつになるの..無理すぎるブームすぎるじゃん!!(なんのブームかよ)

はい。

マクドナルドの略し方がマックかマクドかくらいどうでもいいですね (私はマックだと信じて生きてきました)(3人くらいにマクドやろ!!って怒られました)(関西人)

まあ、それはおいといて

書きたいが募りすぎたので

担降り(もどき)ブログを私も書きます。

過去の話なんですけどね..笑笑

それはあるふらふらヲタクのお話

気を楽にして読んで行ってください。

✄————— キ リ ト リ —————✄

今、ぶっちゃけて言っちゃうとほんとに一時期だけ私は健人の女でした。

オンナといえばSixTONESですよね。 (キントレ💪お疲れ様でした)

スト担のオラオラ系に見えて乙女な所も(偏見)

Princessの純情培養少女 (女子校育ち)(偏見)に見えて、 初日から最終日まで全公演Wアンコを突き通して(最終的にはクワトロ)をしたり、グッズのストラップを意地で完売させちゃうヤクザな面があるのも、すっごい面白いなぁって思いますよね

あ、Princeのロゴ岸優太が書いたんですよ(宣伝)

✄————— キ リ ト リ —————✄

話はいきなり本題に戻ります。

ドラマヲタクだった私は黒服物語も見ていたのですが、 その時のドラマ主題歌の 君にHITOMEBORE を(Mステで)聞いたとき 鼻でフッって笑うくらいには興味がありませんでした。

正直、何してんの…(引く)

って感じでした。

だって女性を1人ステージに上げたり、「好きなんだよ!マジで!!」とか言い出すんですよ!キチガi…(自粛)

f:id:yutasho0929:20170806212951j:plain

さあ皆さんで…

\好きなんだよ、マジで!!/

しかし、悲しいことに

今年の夏、

KINGステーションではその名の通り爽やかを我がものとしていて、「爽」のCMキャラクターに起用したいジャニーズランキング1位か2位の(松島聡といい戦い)(とーふ調べ)橋本涼さんが歌い

f:id:yutasho0929:20170806213854j:plain

かっこいい、爽やか、夏がやってきたなんで私にはイケメンの先輩いないの、岸優太と同じ入所日だねおめでとう(大声)だの言い出せば、

我らが姫。

岩橋玄樹さんが、

Prince単独で

好きなんだよマジで

って言うし、岸くん原曲振り付け人気No.1(参照とーふぺでぃあ) の香水をふりかける振り付けをするし(エロい)(;б;エ;б;)

結局Jr担になった途端に

この曲をベタ褒めするハメになっちゃうんですけどまあそのころは

別に…(沢尻エリカ)

って感じでした (いろんな人に殺される)(ごめんなさい)

しかしケンティー教の信者になるのは突然やってくるのです。

その時期は、恥ずかしながら、「黒崎くんの言いなりになんてならない」の時。

私は、ヲタクじゃない友達3人と男子4人と共に、その映画を見ました。(私を勇者と呼んでくれ)

f:id:yutasho0929:20170804073950j:plain

ちなみにその頃はもう岸くんを知っていて、梶くんが男子からの評判が唯一良くてニヤけていました。

f:id:yutasho0929:20170804074100j:plain

そこまでは良かったのです…。良かったのですが、映画を見終わったあと四人中2人がさらっと健人担になっていたのです… 恐るべきケントマジック…。(未成年だけどコドモじゃない、で第2の被害者が続発しそう)

f:id:yutasho0929:20170806214920j:plain

いままでなんとなく見ていた少クラ。岸くんのために見ていた少クラは、健人君のためにも見るようになりました。

キラキラしていて、 理想のアイドル像を追い求めていて、 それでいて、どこか儚いというか触れたら消えてしまいそうなそんな感覚を、健人くんを知っていくほどに感じました。

それに、彼にはシンメがいました。

私はそれまで、まったくコンビとかシンメの関係性と言ったことに興味がありませんでしたが、 ふまけんの踊り方、歌い方、グループへの思い…何もかもが正反対に見えて、実は背中合わせで立っているというかお互いを良きライバルとして、そして相棒として信頼していることが雑誌の発言とかからも分かって、ふまけんというシンメに心酔していました。

私がグループを見始めた時は、五人体制がやっと定着して、歯車が回り始めた頃で、2人がグループを引っ張っていってやる、もっと大きいグループにとお互いの手を探り始めた頃でした。 そんな二人を見ていてこのグループを応援していたら、どんな景色が見られるんだろうとワクワクしていました。

そして何しろ、顔がよかった(言っちゃう)

どんなクサイ台詞を言っても様になるくらいには顔が良かった。

f:id:yutasho0929:20170804074520j:plain

でも、 私がいままで好きになった顔

f:id:yutasho0929:20170806215108j:plain

(まあこれはこれでけんしげ尊い案件)

とも全く違ったし、(イケメンすぎる) それから好きになる人とも全然違う 例外な顔(イケメンすぎる)なので、 自分でもどうして健人くんが好きだったんだろうって謎です。 (中島健人以外はみんなリア恋って言われてるのが共通点) (中島健人リア恋って言ってみたい)

いま、

自担なり顔を選ぶ基準は中身って言い張ってるので、

過去の自分とばったり会ったら

ここで矛と盾が出てきてガチャガチャやりだしそう。

f:id:yutasho0929:20170806215426j:plain

呼んだ?(呼んでない)

でも結局健人担やってたの3ヶ月だったんだよなぁ…(小声)

なんかソロコンも行ったんですけど、 どちらかというと 岸くんを見てしまっていて、 公演が終わったら、 ボニバタの「悪い遊びを教えてあげるよ」の記憶しか無くてですね… (ほんとにジャニヲタは悪い遊びだと思います。)

まあ、さらっと岸くんに戻りました。

\はいチョロヲタクー!!/

健人担になる前に、 岸くんが好きだった時はあくまでも推しという形でしたが、その後、普通に岸担を名乗り始め、(ジャニヲタの自覚でてきた)

かれこれ1年くらいは岸担を名乗り続けています。

(パンドラの箱を開いたら、推し期間の長さに全私が驚いてるよ)

という訳で、私は無事、健人の女からPrincess(職業ヤクザ)へとなったのでした。めでたしめでたし👏( ˘ω˘ )(スタンディング・オベーション待ち)

皆さんに、岸優太とデートするつもりだったのに、雨男だから雨が降っちゃって仕方なく、お家デートしてボーダーの服がかぶっちゃってオソロじゃん!って言われて私のは優太のとは違うオシャレなボーダーだから!!って言えるあしたが来ますように。

好きの種類が違う話

さて、夏が来ましたね☀️🌴

みなさんは今年の夏何して過ごします??

このブログを読んでくれてる大半の人は、あれですねほとんど六本木に通いつめるパリピだと認識しております(違)

と、言うわけで今回お話するのは岸優太さんと髙橋優斗さんについてのお話です。(ひとりごとなのでゆるい気持ちで読んでください)

私、とーふの自担は他でもなく

岸 優太

なんです(知ってる)

最近も冷めるどころかどんどん好き!!!ってなってますねぇ..。愛は深まっていくばかり。やっぱり岸 優太は沼だったなぁと沼の奥底からお送りしています(違)

f:id:yutasho0929:20170715231503j:plain

だがしかし..(麩菓子じゃないよ)

最近の私のツイートを見てもらうと分かるように最近ツイートがある方で埋め尽くされている..(心外)

その名は

髙橋優斗

本当に罪深き男だね??キミは..。 ゆうぴ可愛いし、顔みてもてんさいだね??としか出てこないし(語彙力皆無) それでいて存在がリア恋ってどういうこと??中学生一般人とか大丈夫?(脳内お花畑)

f:id:yutasho0929:20170715231756j:plain

それに作間龍斗くんとか藤井直樹くんとか..(要するにDD)

でも私は岸優太のファンで、それは変わらなくて違いは何かなって思ったんです。

自担と推しの違い。

それは好きの種類がちがう。

もはや自担は運命共同体。誰よりも幸せになって欲しくて、笑顔でいて欲しい存在です。(重い)

実際に私は七夕の願い事に、

(岸くんが)笑顔でいられますように

と書きました..。

運命共同体と信じてやまないからこそ、出番が少なければ、テレビ局へ要望を送り、グッズを買い、常に貪欲にいます。(常に岸優太不足)

f:id:yutasho0929:20170716204730j:plain

それに対して推しは、

どこかでとてつもなく惹かれる所があって、好きになります。外見だったり、内面だったり、それぞれですが自担とは線がはっきりひかれています。

その線が曖昧になって、自担よりも推しの幸せを願うようになってしまったら、それは担当を降りるということなのかなと私は考えています。

好きの種類がちがうというのは、彼の過去、現在、未来、すべて含めて大好きで、彼の輝いている姿をもっと見たいと願うかどうかだと思っています。

私には夢があります。 それは岸優太が主演のshockを見に行くことです。 バカだ。夢物語だと笑われてしまうかも知れませんが、これを見るまで岸優太担はやめられません。彼がその舞台に立つその日まで、私は彼を応援していきたいと思っています。(珍しく真面目トーン)

最後に一つだけ..。

これで髙橋優斗掛け持ったらごめんな

Princeに歌って欲しいがすぎる関ジャニ∞の曲たち

関ジャニ∞って皆さんはどんなグループだと思いますか..??

どうも!とーふです!! 今日はPrince単独に向けてPrinceに歌って欲しいがすぎる関ジャニ∞の曲をまとめてみました..!

まずは岸優太のソロですね

キミへのキャロル

この曲は簡単にいうとクリスマスデートに遅れちゃう系男子の曲です(適当すぎ)準備は完璧!さあ行こう!!と思った時に時計が三十分遅れだった時の衝撃..。プレゼントもそのままに家を飛び出します。何も持ってないからこそ抱きしめてあげられるぜってなに..。リア恋なの..。やっぱりこの曲は岸優太ですね。 はい。お察しの通りこの曲は

クリスマスの曲

でした。あれ..これサマステの曲だった..はず..。

f:id:yutasho0929:20170714212105j:plain

次は神宮寺勇太のソロですね

マイナス100度の恋

つらい時いつでも隣にいてくれて優しいけど、報われなくて結局は好きな子の背中をポンと押してほしいジャニーズランキング第1位(私調べ)の神宮寺勇太に歌って欲しいがすぎる。まあ聞いてみろって。弾き語りがいいかなぁ。(また冬の曲)

f:id:yutasho0929:20170714212124j:plain

岩橋玄樹のソロは

クルトン

ごめんなさいマジで岩橋さん関ジャニ∞選ぶイメージないの..。ということで友達の岩橋担よりの他薦です。クルクルトントンクルトントン♪というちょっと常人には理解しかねる世界観が岩橋玄樹ですねぇ..。(冬っぽい)でもやっぱり(´∂υ∂`)っぽいのはB系ですかね..。

次からはコンビです。 とりあえずきしいわ

kicyu

これは本当に譲れないです。これを書くためだけにこの記事作ったと言っても過言ではない!!!!

♪ふたりしか出せないラブパワー♡

のところであの原曲でよこやすがハートマーク作るんですけどね??手でね。そのサイズ感の違い!どっちかが小さくてどっちかが大きい感じ!それがきしいわにはだせる..。可愛いし、歌詞意味わかんないしまさにきしいわに歌って欲しいが過ぎます!(鼻息)

f:id:yutasho0929:20170714212345j:plain

f:id:yutasho0929:20170714212401j:plain

次はWゆうた

WASABI

この曲はあれなんすよ..。なんか友達枠の男友達が女の子が彼氏とケンカして弱ってる時に、愚痴を聞いてあげてて、我慢の限界がきて、弱みに付け入って俺じゃダメ?って言おうかなっていう曲です(説明下手かよ)

俺じゃダメかな..??

f:id:yutasho0929:20170705163045j:plain

言われたさすぎるこの世界..。二人のゆうたはこの夏何を歌うんですかねぇ..。去年は愛について。今年は2人がリア恋を爆発さしてくれることを願ってます。(短冊のお願い)

最後はお得意のじぐいわ

アダムとイブ

なんでかっていうと完全に私の趣味です(真顔)なんかじぐいわには共依存みたいな甘ったるい曲を歌っていてほしいなーという願いでしかない。あとは、なんか大倉くんってすごい神宮寺に似てません?(異論は認める)この曲すっごい大倉くんのエロさがでてるのでぜひ耳かけ宮寺先輩に歌って欲しい。黒髪で(私情)

f:id:yutasho0929:20170714075537j:plain

さて!ここまで読んでもらうとわかると思うんですけど、関ジャニ∞って冬の曲が多いし、失恋ソングが多いんです..。これはまさにWゆうたのための曲たち(違う)

彼らはデビューまで時間のかかった苦労人という所も、今のPrinceに重なるところがあると思います(1000回の頷き)

だからDreamin’bloodとかを聞くと涙しか出てこないんです。最後に私の欲望をぶちまけるようですが、エモい曲大好き芸人のとーふより3人に歌って欲しい曲を紹介します。

LIFE〜目の前の向こうへ〜

この曲は関ジャニ∞が初めてバンドスタイルで発表したシングル曲です。歌詞がいい。

「もう一切 もう一切 振り返らずに歩み続けたい

まだまだ終わらないから

あの日描いた夢は まだこの手の中に無いけど

まだ終わらなくて 果てしなくて 道は続いてく もう一切 もう一切 振り返らずに歩み続けたい

まだまだ終わらないから

あの日描いた夢は まだこの手の中に無いけど

まだ終わらなくて 果てしなくて 道は続いてく

昨日の悲しみも涙も まだ乾きやしないけど

痛み堪えて 負けそうでも 歩みを止めない

こぼれ落ちた涙の意味を教えてよ

溜め息の中 ひたすらもがいて 光を探してるよ

今日は泣いたって 泣いたって いつか笑えるだろう そう言って

空見上げて 手を広げて 明日の自分を準備して

せめて もう一回 もう一回 君がくれた笑顔で笑いたい

まだまだ終わらないから

誰かの為じゃなくていい 自分の為に生きても

その姿きっと 誰かの微笑みを作るから

揺れる気持ち押さえて 瞼を閉じるよ

暗闇の中 真っ直ぐ差し込む光を今見つけたよ

何か失って 失って かけがえのないもの手に入れて

また守って ただ守って 明日へと一歩踏み出すよ

だからもう一切 もう一切 振り返らずに歩み続けたい

僕は一人じゃないから

あの日交わした約束をずっと覚えているから

涙堪えて

もっと頑張って 頑張って 駆け抜けて光を追い越して

もう一切 金輪際 弱音や不安を閉じこめて

せめてもう一回 もう一回 君がくれた笑顔で笑いたい

まだまだ終わらないから

止めない

こぼれ落ちた涙の意味を教えてよ

溜め息の中 ひたすらもがいて 光を探してるよ

今日は泣いたって 泣いたって いつか笑えるだろう そう言って

空見上げて 手を広げて 明日の自分を準備して

せめて もう一回 もう一回 君がくれた笑顔で笑いたい

まだまだ終わらないから

誰かの為じゃなくていい 自分の為に生きても

その姿きっと 誰かの微笑みを作るから

揺れる気持ち押さえて 瞼を閉じるよ

暗闇の中 真っ直ぐ差し込む光を今見つけたよ

何か失って 失って かけがえのないもの手に入れて

また守って ただ守って 明日へと一歩踏み出すよ

だからもう一切 もう一切 振り返らずに歩み続けたい

僕は一人じゃないから

あの日交わした約束をずっと覚えているから

涙堪えて

もっと頑張って 頑張って 駆け抜けて光を追い越して

もう一切 金輪際 弱音や不安を閉じこめて

せめてもう一回 もう一回 君がくれた笑顔で笑いたい

まだまだ終わらないから」

いい歌詞が多すぎて全部乗っけちゃった((๑>؂•̀๑)テヘペロ)

どうですか..。

歌ったら私は自分が保てなくなりそうで怖いです..(こわい)

というわけでサラッと紹介してきたわけですが、あ、もう1曲夏っぽいのあった

アイスクリーム

夏っぽいでしょ??錦戸亮安田章大のユニット曲です。アイスでてきたマイクで向かい合わせに歌うのがとっても可愛いのでぜひPrinceちゃんにはやって欲しい。

結論︰Princeには可愛いと切ないとエロいとエモい曲がいい(結局なんでもいい)