かっぱえびせん

好きなことを好きなだけ

陽だまりのあなたへ

君は君のために生きるんだ 僕は君の陽だまりになる

ボクらという歌の最後の歌詞。

今日26歳誕生日を迎えた重岡大毅くんのソロパートです。

重岡くんはこの歌詞のような人なのかもしれません。

今日の昼下がり、

なんとなくTLを眺めながら、

ブログの投稿時間を何時にするか考えていたら、

あるツイートが回ってきました。

それは このあいだの豪雨被害にあった地域の方のツイートで、 そのツイートには重岡くんとのツーショットが載っていました。

それを見た時、

すごいよりも先に末恐ろしいと感じました。

自分の誕生日。

1年の中で一番おめでとうを言われる日。

誰もが主人公になれる日です。

そんな日は自分のために過ごしたり、仲間たちとワイワイしたいと思うんです。

なかなか休みがとれないアイドルという職業ならなおさらだと思います。

でも重岡くんはそんな日にボランティアをして、汗をかいてる。被災者の方々の思いに寄り添っている。

なんでもない日にクーラーの効いた部屋で24魂をみながら号泣していた今日の私が本当に小さく思えて。

だけどそれと同時に 重岡大毅が好きでよかったと大声で叫びたくもなりました。

私が好きになったのは、

誕生日も関係なく、オフを使ってボランティアをする重岡くんで。

常に誰かの「陽だまり」であろうとする重岡くんなんだと。

重岡くんは誰よりもアイドルらしくないセンターかもしれないけれど、

メンバーも自分もきっと自分の位置はそこしかないと思っていて。

きっと誰よりも自分の中のアイドル像を生きています。

そのアイドル像の中で、

重岡くんは 今日も生きているんだと思うとなんだかワクワクしてきます。

私たちが照らすペンライトは あなた達をもっと輝く場所へと 連れていく道しるべに。

あなたがくれる 声は、 言葉は、 私たちの明日のエンジンに。

そんな日々がこれからも続きますように。

これからどんな景色を見せてくれるのだろう。

きっと私の感情が バーーーっと溢れ出て、

熱いものだけが 心の真ん中に流れる瞬間が、

とってもとっても楽しみです。

本当にお誕生日おめでとう。

P.S. お願いだから 今夜は最高級にうまいと思えるご飯を腹いっぱい食べてください。

f:id:yutasho0929:20180826193017j:plain

アイドルでいてくれることに花束を

私が岩﨑大昇という 一人の少年の存在を知ったのは、

一昨年の夏でした。

家の中で 唯一エアコンがない私の部屋で 汗をかきながら、Jrデータカードを切りながらいろんなジュニアのプロフィールを眺めていたときに

生年月日 2002年8月23日

血液型 O型

出身地 神奈川県

という文字がぱっと目に入ってきました。

次の日の学校で、

「私と同じプロフィールのJrがいるの!!しかも同い年!!出身地同じ!!絶対これは運命だよね???」

と鼻息混じりに言ってしまったことは今でも少し苦い思い出です(笑)

とにもかくにも、

私は人生初の

現場落ちならぬ

誕生日落ちをしました。

我ながら、誕生日をきっかけに応援するようになるなんて本当にちょろいなと思ったんですが、

知れば知るほど大昇くんにどんどん惹かれていく自分がいて。

同い年なのに高い意識をもっていて、

それに見合う努力も 当たり前のように怠らず、

見るたびにどんどん 表現の幅を広げていっていて、

彼が見据える未来は私のもっともっと先にあって

本当にそのプロ意識に泣きそうになってしまいます。

そして、大昇くんが今一番目標にしていることは舞台「Endless SHOCK」に出演すること。

Endless SHOCKといえば岸くんが出演していた舞台ということもあり、なんだかここにも縁を感じてしまいます。

大昇くんを応援している以上、

彼が胸を張って帝劇に立つ姿を見てみたい。

きっとその経験はこれからの人生の道しるべになると思うから。

そのチャンスを掴み取ってくれることを祈っています。

私の担当するアイドルのなかで、 一番自分を重ね合わせてしまうのはどうしても彼です。

同じだけの時を過ごしてきたからこそ、彼がアイドルという仕事の代償に失った時間の大切さが痛いほどわかります。

わたしがささいな幸せを感じること、

例えば、

友達と どうでもいいことでケラケラ笑ったり、

授業中に どれだけ先生にバレずに居眠りできるかとか、

友達と学食で大盛りにチャレンジしてみたり、

そういう 普通の10代にとってのあたりまえが 彼にとってはそうではないんだと思うとギューーーっと胸が締め付けられます。

それと同時に、

アイドルを選んでくれたことへの感謝で胸がいっぱいになります。

8月23日の夜公演。

MC前にサプライズでケーキが出てきて会場のみんなでハッピーバースデーを歌って、沢山のおめでとうを聞いてめをうるうるさせて。

客席を埋める黄色いペンライトの海。

きっとこの瞬間ここが一番幸せな場所。

ケーキのクリームを口の端っこに付けたままで、

照れ隠しをするように

「これポテトの海みたい」

って笑ったあなたに

最高の花束を。

f:id:yutasho0929:20180824203319j:plain

本当に誕生日おめでとう。

ジャニーズWESTを好きになって本当によかったという話

いやぁ最近ねめちゃくちゃジャニーズWESTを応援するのが楽しいんですよ!!

なんだろう、

一緒に宝物を探しに行く感覚

というか、お姫様としてキラキラした宝石をプレゼントされるのももちろん嬉しいのですが、うまく言えないけど

幸せを与えられるんじゃなくて一緒に探しに行って見つけて一緒に喜べる楽しさ。

それがジャニーズWESTを応援していて一番感じる楽しいところです。

つまり、

アイドルに幸せに「してもらう」のではなくて、幸せを「分けてくれる」ようするにシェアハピ!!

ジャニーズWESTってほんとに、 楽しそうにしてるじゃないですか!! ほかのグループを貶してるとかじゃないんですけど、

私はジャニーズWESTを初めて見た時にこんなに楽しそうにしてるアイドル初めて見た…って思ったんです。

キラキラ王子様スマイルじゃなくても大口あけて本当に楽しそうで、メンバーを見つめる目が優しくて、それでいて全員が当て馬っぽい…推すしかねぇ!!! 唯一いいとこ持ってく系男子に見えた小瀧くんも近キョリで当て馬じゃん…まあそら山P様には勝てんよな…あらスイーツ男子なの??可愛いじゃん… となりまあ推すしか道は残されなくなりました。

言いたいことはひとつだけ

幸せになれ!!!!

f:id:yutasho0929:20180816131646j:plain

ジャニーズWESTは5年目に入り、 中堅どころとして 仕事は尽きることなく 誰かしらが出ずっぱりで 仕事をちゃんと次につなげる力がある。 本当にすごい人達だと思います。

だけどもちろん上手くいくことばかりじゃない。CDだって大手女性アイドルと発売週をぶつけられがちだし(そうなるとオリコンの1位が取れない)、彼らのイメージを変えるようなシングルはまだあまり世に送り出せていない気もする。

いつまでもええじゃないかって言ってるわけじゃないぞ!!ってアピールしたいけどその場はなかなか与えられないもどかしさもある。

だけどそういう「まだ上を目指せるぞ!!頑張るぞ!!」って感覚がどれほど愛しいものなのか、私はそれを皮肉にももう一人の自担のデビューというタイミングで感じました。

私のもう一人の自担はKing&Princeの岸くんです。 岸くんが所属していたPrinceというユニットはずっと2番手でした。 どんなに頑張っても、 テレビでのコメントが使われたり、 特集されたりするのはMr.KINGでした。初期のキンプリが事実上の解体になった冬、JrのユニットでPrinceだけが帝劇に出られないという苦い思い出もあります。 でもいま思い返すと そんな2番手のPrinceが本当に大好きだったんだと思います。 悔しいという思いは、 応援したいに変換できるし、 すぐ前に目指すべきライバルもいる。

なにより、ジャニーズJrである以上、何を目指せばいいかゴールは一つなわけで。

それがどれだけ有難かったか。

King&Princeになってから掌を返したように今まで見向きもしてくれなかった人達がちゃんと彼らを見てくれるようになりました。

とっても嬉しかった。

岸くんはもっと多くの人に知られてほしい。 もっともっと多くの人に愛されてほしい。 だけどKing&Princeがどんどんと階段を二段飛ばしで登るものだから、今彼らがどこを目指しているのか、何がやりたいのかさっぱり分からなくなってしまいました。

自己満足の塊かもしれないけど、 私は彼らと同じ夢を見て彼らを応援したい。

それが最近King&Princeに感じていた違和感の正体でした。

でも岸くんのことは本当に好きだし、キンプリも好きになりたいし、自分の中で結論が出ていない状態です。

とまあ脱線してしまいましたが、

そんな中で私のビタミン剤みたいな存在になってくれているのが、

ジャニーズWESTでした。

応援してると不思議と肌がピチピチになるもんね!どんなサプリより効く気がする…みなさんもどうですか??(脱線)

キンプリに感じる遠さを

なぜかジャニーズWESTには感じません。

距離感的には近所のお兄ちゃんみたいな。

それがいいことか悪いことかは置いといて、

私にはそれがめちゃくちゃありがたかった。

わちゃわちゃしてる様子を見ているだけで自然と笑顔になれた。

実はアイドルに対する意識がめちゃくちゃ高いというギャップに打ちのめされたり。

自分の話よりもメンバーの話を本当に楽しそうにして、

お互いをカッコイイ、すごい、いいな、 と素直に褒めあえる

7人の男達を私は本当に誇りに思います。

いつまでもいつまでもバカなことして笑い転げていてほしい。

シングル出すたびに濵ちゃんの締まらない一本締めをコレクションしていきたい。

重岡くんは1回でいいので連ドラで報われる役が欲しい。

とにかく

ジャニーズWESTを好きになってよかった〜!!!!!

ジャニーズWEST × ○○〜7WEST編〜

今日私がお話したいのは

ジャニーズWEST×邦ロックのお話。

おすすめのバンド、

オススメの曲を押しつけつつ、

みなさんは妄想を膨らませられる。

なんて素晴らしい企画なんでしょう!!!

今回は手始めに7WEST編。

ということで兄組は今回はお休み。

 

それではいきましょう!!!

 

藤井流星×支配するのは君と恋の味/MOSHIMO

 

これが私の藤井流星のイメージ

(偏見オブザイヤー)

思わせぶりで、でも本当は何を考えてるのかさっぱり分からない男とそれに戸惑いつつ、でも離れることの出来ない女の子の歌ですね。わかる。

 

みなさん藤井流星さんに

よっ魔性の男!!

っていいたくなることありません?

私はあります…

黒髪…ダメゼッタイ…

まだ暑いとけだるそうに 君の飲んでた炭酸ジュース 飲みたいの?ってひと口だけ口を重ねた きれいな折り目の腕まくりで 顔をのぞき込み笑うから バカな私は今日も期待した

え???これ藤井流星じゃなくて誰なの??

DK藤井流星がきれいな折り目の腕まくりしてる時点でしんどいしか無くね??しんど

 

藤井流星って無意識に人の顔をじーっと見つめる癖あるじゃない??あれにハッとして顔赤くなりたくない??あの人も天然だから、暑いの??って炭酸ジュース飲ませてくれてもいいけど、熱があるって勘違いされておでこごっつんこされたい…「熱はないで?」ってドヤ顔で言う藤井流星の頭を正気に戻ってはたきたい…

あーーーなんで私の前の席は藤井流星じゃないの!!!!

 

https://youtu.be/lU3Lx2WaXD4

 

藤井流星×Summer vacation/sumika

 

この曲もまた、私の私による私のための偏見ソングです。ありがとうございます。そしてこちらを歌うのは今日みなさんに名前だけでも覚えててもらうsumikaです。覚えてください。

 

 会いたい気持ちは 昼の陽だまりに 置き忘れたフリして ほらまた寂しいだけだ 夜は優しく 僕を包むよ 昼の僕より 大人にさせてしまうよ

 

 歌詞見てわかるようにほら優しい。

ちょっとこの流星くんは、ちょっと彼女との雲行きが怪しくなったときの流星くんで

今帰っちゃったらこのままだと少し意地を張って、話し合おうとする流星くんどう考えたって理想の彼氏だろ…私と付き合ってほしい…黒髪好き…

 

https://youtu.be/kygd-n5VXtU

 

 

小瀧望×圧倒的少女漫画ストーリー/MOSHIMO

この話は世間一般の小瀧くんのイメージ曲…だと思う。やっぱり小瀧望ってさ?絶対少女漫画から間違えて飛び出ちゃったよね??ちょっとナルシストだとなおいいな…隣でアホや…って呆れる淳太くんポジください。

参考書を忘れたキミ 隣同士で一緒に見てたら 緊張して消しゴム落とした 拾う時にきみとごっつんこ  「ゴメン」と急いで離れた 意識してるの私だけかな 心臓の音はうるさいし 隣の君はまともに見れない

これは!!!占○クですか!!!なんなんですか!!!すごいリアリティがあってしんどい…絶対MONOだよね…しかも東進がくれるやつ…(偏見)

あと主人公の女の子は意識してもらうためにショートカットにしてみたり、前髪切りすぎちゃったり、運命的とか致命的なセリフをついつい並べちゃったり、まさに恋する乙女って感じですごい可愛い…小瀧担もすごい可愛いよ…(どさくさ)

https://youtu.be/9aXNI4-7a2Y

 

小瀧望×真赤/My Hair is Bad

さてさて来ました!!闇堕ち小瀧望…ちょっと報われない小瀧くんが欲しいなというあなた!!お待たせいたしました!!

設定は年上彼女に遊ばれる望くん。切ない、苦しい、でも自分から彼女との関係を切るなんて…と苦しむ望くんが私には見えます…

携帯なんて出なくていい いつの間にか時間が止まればいい 翌朝君は先に出ていった 僕にと鍵を残して

 

 いつもは冷たくするくせに 二人の時は優しくするんだね 君は言う 「君犬みたいでいい」って

 こんな扱いを受けても小瀧くんはひたすら彼女のことを第一にかんがえます。そして

空っぽのコルクボードには どんな写真があったのか気になって 見つめたまま隣で黙っていた 君の犬なりに気を使ったんだ

 

振り向いてほしくて 何故か甘えてしまう かっこつかないよなって笑ってた

 

 そのあと女の人の手を離そうとするんですよ…ね…切ない…コルクボードの男は十中八九濵田崇裕さんですねありがとうございます

 

 https://youtu.be/0M3HoC2uGhM

神山智洋×シャルル/バルーン

ちょっと番外編!!

これは邦ロック…ではないのですが、どうしてもこれを歌って欲しいという観点で推薦します!!

愛を謳って謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌嫌 日に日に増えてた後悔を

 

 見えないやの「え」がこの曲の最高音で、男性キーで歌うとどうしてもこの音が掠れ気味で苦しそうに歌うんですよ…私はそれを神山智洋さんで見たい…とりあえずみんな動画みて…あと最後が

晒いあってさよなら

 って消えそうな感じで歌って欲しい…ともくんにはちょっと歪んだ価値観を押し付けてしまいがちですね。反省…

https://youtu.be/TA5OFS_xX0c

https://youtu.be/PKt4xkACim4

 

上が原曲、下は私の好きな歌い手さんのです笑、お好きな方イメージが沸くほうを

 

 

神山智洋×Lovers/sumika

前の曲でちょっと価値観を押し付けてしまったので次は明るくて楽しい曲をと思ったのでこの曲を選択してみました!!

 

「男は最初になりたがり、女は最後になりたがる」名言にあやかって言わせれば僕は情けなく後者らしい

 …ともくんかわいいね…女の子の最後になりたいのか…可愛い

 

ねぇ浮気して ねぇ余所見して ずっとずっと離れぬように ねぇふらついて ねぇ揺らめいて  ずっとずっと離れぬように 最後の最後の最後には お願いこっち向いて こっち向いて笑って欲しいのです

 

最後の最後にあなた朽ち果てるまで 愛し抜いていきたいと思うの

 

えっ…ともくん重くない??好き〜!!!

(結局ともくんに私の欲望を押し付けたい筆者)

 

https://youtu.be/FFITBgsyVr4

 

そしてついに来ました…!!

重岡大毅×ただ君に晴れ/ヨルシカ

これもちょっと番外編なのかもしれないけど、バンドの音がすごい好きなので入れました。

 

個人的には大友くんも似合うなーって思ってたんですけど、今回の火賀くんがぴったりすぎる…今からでいいから挿入歌に使って…

 

夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた

 まずここね!!月!!といえばよだかじゃないっすか…思えばきみへのメロディーも月が出てくるよね…しんどいね…

追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く

っていうのはあれね…しろちゃんに先を越されて、悔しさもあるんだけど応援したい気持ちもあって、あゆみちゃんには誰よりも幸せになって欲しくて、追いつけない心情…あぁ見る前から私の胸が痛い…

 

口に出せなくても 僕ら一つだ それでいいだろもう

待ってほしい本当に不器用な火賀くんの愛に倒れそう…

 

 

https://youtu.be/-VKIqrvVOpo

 

重岡大毅×まいった/sumika

ようやくラスト1曲!!重岡担はこれ必修な!!冬のリア恋こじらせソングだから…

まいった「はぁ」気づいたら君の写真ばかり読み返しては やたら可愛いアイドルと見比べて下に見てみるものの まいった君だけが頭の中から消えないみたい

アイドルと女の子の写真見比べる重岡くん…でもどんな可愛いアイドルだって白石麻衣西野七瀬と比べても重岡くんの脳内には女の子しか残らない…女の子にベタ惚れじゃねぇか!!!好き!

弱ったな ともすれば 飲み会の最後は君の話題で 結局その子にしとけよと 乱暴な 提案で刺されても まいったそれだけは 僕一人じゃどうもできないみたい

この飲み会メンツは絶対高校の同級生7WEST…どんなエピソード話してる時も鼻の下伸びきってるからもう話に半分飽きてる3人だけどちゃんと聞いてあげるのエラい。のんちゃんと流星くんがガヤで、ヤケ飲みしようとする重岡くんを必死に止める神ちゃんの構図は目に見える

まいったな 弱ったな 変わらない赤鼻想像しては 久々の会話の冒頭 誤って 僕は口滑らせて

〜電話にて〜

女の子「もしもし?重岡くん?」

(^ヮ^=)「好きや」

女の子「えっ?」

(^ヮ^=)「あの…いやその…ちゃう!!ちゃうんやて!!」

女の子「何がちゃうの」

(^ヮ^=)「いや、そんなことが言いたいんちゃうくて…いや言ってることは合ってるんやけど、そのタイミングというか」

女の子「何ごちゃごちゃ言ってん!話くらい聞くから10分後いつものところな」

 

結局、女の子に振りまわされる重岡くんでした。ちゃんちゃん(なんの話だこれ)

 

https://youtu.be/dRH43jj8ZZQ

 

まいったに限ってミュージックビデオがないんすよ…なのでトレーラーを起きつつヲタクみんなで重岡大毅が出演しろって念を送りましょう…

 

 

 

 

 

あーーー楽しかった!!完全に自己満足な楽曲紹介(私の妄想消化ともいう)でしたが、どうだったでしょうか!!兄組もちょいちょい思いつくんですけどどうしてもばとにぴったり来るバンドが見つからないんですよね〜うーんもし思い当たるバンドがあれば教えて欲しいです!!しゃっす!!

 

※なお、このブログに書かれていることはすべて妄想です。現実になってほしいけど。

NO.1でOnly1!

ついに、

King&Princeはメジャーデビューする。

 

きっと心のどこかで

この瞬間を待ちわびてて、

でも期待したらダメだって

自分に言い聞かせていた

デビューの三文字がついに現実になった。

 

それは本当に涙が出るほど嬉しいけれど、まだ現実を半分夢見心地でみている自分もいる。

 

私がデビューを知ったのは受験直前。

普段なら、学校帰りは塾へ行き自習して帰っていたのですが、その日はなんだか胸騒ぎがして早く家に帰った。

 


f:id:yutasho0929:20180521205230j:image

 

きっと、私はこの時のことを一生忘れることはないだろう。

誰かのことを思って泣くなんて、

本当にガラじゃないと思っていたし、

正直、

岸くんがデビュー出来ても、

出来なくてもいいと思っていたのに、

岸くんの笑顔が見れるなら、

Prince3人でいられるのなら

本当にそれでいいと思っていたはずなのに、

涙が止まらなくて。

ただ嬉しかった、

私が応援してきた岸くんが

少しでも認められた気がして。

 

 

そのあと岸担と電話して、デビューの喜びもそこそこに、二人で「これからどうなるんだろう?」って話しかしてなかった気がする。それくらい先は見えなかったし、正直不安だった。

 

そして忘れてはいけない…

私は受験生だった。

(ちなみに電話していた岸担もそうだった)(二人してアホに違いない)

 

その日は、

勉強に集中出来るわけもなく過ごしたが、

そのあとはまたSNSを絶って勉強の日々の繰り返し。

しんどかったけど、岸くんが新しい一歩を踏み出す時に、自分がマイナスの方向を向いてるのだけは絶対に嫌だったから、絶対に後悔だけはしない様にしようと勉強した。

 

そして受験生が終わり、

私にも岸くんにも春が来た。

 

新しく出来た友達は、ジャニーズが好きなわけでもないのに、シンデレラガールを知っていた。

 

私はその中の紫の彼が好きなのだと教えることができた。

 

デビュー組担からしたら、

当たり前のことなのかもしれないけど、とっても嬉しかったのを覚えている。

 

それはきっと一年前の私が全く想像も出来なかった未来だ。

 

一年前の私に、

King&Princeとしてデビューすると

教えてあげたらどんな顔をするだろう。

またガセネタだと言って

笑い飛ばされるかもしれない。

 

2017の夏、

オムライス屋さんで、デビューについて熱く語りあっていた、私達3人にそっと教えてあげたらどんな顔をするだろう。

きっと目を丸くして、何も言えない気がする。

 

それでも本当なのだ、

いやまだ私が信じられてないけど。

 

今思い返せば、

私はMr.KINGとPrinceとして共演した最後のコンサートに入っていた。

 

感想はめちゃくちゃ楽しかった。

なにより本人達が楽しそうだった。

沸き立つ歓声を満足げに見る表情、

MCでの同世代あるある、

内輪ノリと言ってしまえば

それまでだったかもしれないが、

本当に楽しそうだった。

その笑顔が私たちにまで伝染するくらいに。

 

Jrのトップとして、

誰よりも大きいプレッシャーをかけられ、

求められるレベルはものすごい高いのに、

立ち位置は

所詮Jrで出来ることが限られていた

ちょっぴり窮屈そうだったMr.KING

 

いろんな挫折を一緒に乗りこえて、

自分のことより、

話し出すのは常にメンバーのこと。

ファンのために

アイドルとして、

王子様として、

どんな存在であるべきか常に考え続けてくれた、愛を愛で返してくれたPrince。

 

そんな彼らがキンプリでいる時だけは

等身大の青年だった。

 

くだらないバカ話で笑い合えて、

きっと楽しいだけではない芸能界の

帰るべき家になれる

 

彼らがその6人でいることを強く願ったのならば、その決断はきっと正しい。

 

どうしてMr.KINGとPrinceじゃだめだったのかなんて、

その答えを今すぐ見つける必要なんてない。

きっとこれからの彼らの背中が教えてくれる。

 

 

 

 

 

ずっと前だけを見て進んでください。

でもたまには後ろにいる私たちのことも思い出してくれると嬉しいな。

 

最後に、本当にデビューおめでとう。


f:id:yutasho0929:20180525073120j:image

 

 

 

 

「シンデレラガール」と「プリンシパルの君へ」から見る各グループ像

 

 

 

King&Prince

           と

ジャニーズWEST

 

という 

デビュー順が最近な2組。

 

 

でも、グループとしての方向性、

 

抱く印象は全然違うと思います。

 

 

 

そして、今回は

ちょっとある2曲を使って

両グループ像を覗き見してみたいなと。

 

そのある2曲とは!!

「シンデレラガール」 

プリンシパルの君へ」

シンデレラガールは5月23日に発売されるKing&Princeの記念すべきデビューシングルであり、TBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌でもあります。

 

対して、「プリンシパルの君へ」はジャニーズWESTの最新シングルであり、小瀧望主演映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか」の主題歌です。

 

はい!!この2曲の共通点…

それは

「王子が姫を想う曲」

だと私は考えます。

 

 

 

うわぁロマンチック…

書いてて自分で胃もたれしそうでしたが、

まあ大まかにいえばこんな感じ。

 

 

 

でも待てよ??

もう歌詞を見ただけで様子が違うぞ??

 

例えば

シンデレラガールが

僕は君が思うより君を想ってる

君は僕が思うより僕を想うのかな

なのに対して

プリンシパルの君へは

君は誰かに恋してる

僕は君に恋してる

!?!?

これを落ちサビに小瀧望に歌わせた事務所の人天才だから握手してほしい。

 

…っちょっと待ってくれ!!!

 

ここまで
ハッピーな夢の国の世界観の中に
急遽落とされる
切なさというエッセンス…

 

ジャニーズWESTって片思いの天才なのかな…そうなのか…

 

これだけ、

ポップな片想いは見たことあるだろうか

いやない

むしろ逆に切ない…

 

この曲で描かれる王子様像は

「自分の幸せより相手の幸せを願って背中を押せるお兄ちゃん」

だと思うんです。

大人の余裕があって優しく見守ってくれる。

辛い時は一番近くでただ一緒にいて、

楽しい時は一緒に笑って、

ダメなことはちゃんとダメだって

言ってくれるようなそんな王子です。

 

プリンシパルの君へはヒロインの背中をそっと押して幸せを願うっていう曲なんです

(うわぁぁあしんどい…)

 

そしてこの曲の最後の歌詞は

世界を楽しめ君は主役

という歌詞。

 

ファン1人1人をヒロインにしてくれるアイドル

ジャニーズWEST…最高

 

 

それとは打って変わって

シンデレラガールは

いつになってもいつになっても君を守り続ける

 

誰もがみんな嘆いてる 恋の魔法には期限がある 時が経てば宝石もガラス玉さ

もしもそんな日が来たって 君は朝の光にかざして それを耳元に飾るんだろう 僕はまた君に恋するんだろう

 

 

シンデレラガールで描かれる王子様像は

「今はちょっと子どもっぽくて頼りない僕だけど、これから何年先も君を守り続けるよ」

って感じだと思うんです。

 

11時じゃ門限はやすぎ!!まだ帰したくない!!っていうちょっとした幼さ。

でもその中で一番伝わってくる

きみを思う気持ちだけは変わらないよっていう覚悟。

 

こんな曲歌われたらおばさんになっても応援するしかないじゃんバカ!!!!

 

 

 ちょっと脱線するけど、

時間軸の広さに感服というか。

これはきっと何十年後かの話をしてるんだなって伝わってくる。

 

 

 

これまでJrだったから明日の約束さえ十分にできない環境だったけど、もう何年後の未来のことも話せるんだと思ってファンとしてこれに尽きる嬉しいことは無いなって。

 

多分この曲は1周年、5周年、10周年と歌われ続けていくことによって良さを増していくんだろうな。

 

 

 

 

 

あとちょっとした共通点があって。

 

それは2曲とも時計を意識した振り付けがあるということ。

 


f:id:yutasho0929:20180513180241j:image
f:id:yutasho0929:20180513180250j:image

多分、

私たちに

王子様たちがかけてくれた

笑顔の魔法は

時間が経てば

いつかぱっと解けてしまう。

 

 

 

でもその日までは、

私にとっての一人だけの王子様でいてくれることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民の友だち

私は

これまでどうしても

モヤモヤしていたことがあった。

 

それは

どうして、ジャニーズWESTのシングルが揃いも揃って

「応援」

の歌なのか

 

ということ。

 

少しデビューが先輩にあたるSexy Zoneがキラキラアイドルソングを連発していたその頃。

 

ジャニーズWESTのシングルは

応援がテーマの曲がとても多くて、

「〜の応援歌になっています」

っていう紹介を何度聞いたことか。

 

私は

かっこいいジャニーズWEST

を知っているからこそ

悔しくて、

悔しくて、

パリマニみたいに、

カッコイイバチバチした曲とか

それこそtheアイドルソングという感じの

曲ももっとあってもいいんじゃないかと思ってた。

 

 

 

ジャニーズWEST=お笑いアイドル

 

で終わらせたくなかった。

 

でも、

そんな小さなことにこだわってるのは

私だけだった。

 

 

そんなことに気づかされたのは

今回の濵田くんの1万字ロングインタビューに出てきた

「国民的友達になりたい」

という言葉だ。

 

スっと胸に入って

 

ストンと腑に落ちた。

 

 

凹んだ時。

精神的にしんどくなった時。

 

隣で寄り添って、

頑張れって励ませるような

肩をぽんって押せるような

そんな存在になりたいと

彼らが言ってる気がして。

 

それってすごい難しいことだと思う。

 

楽曲だけで、歌声だけで

思いを届けることはそう簡単じゃない。

 

でも、それと同時に、似合ってると思った。

 

 仲間と一緒に、

いっぱい泣いて

いっぱい笑って

たくさんの別れを経験してきて。

 

 

そんな彼らにしかできないと思った。

 

エゴかもしれないけど、

ジャニーズWESTには、

アイドルグループである前に

仲間であり、友達でいてほしいんだ。

ずっとバカやって笑いあっていてほしいんだ。

 

あたりまえって

思ったより簡単に崩れるけど、

それはその大切さに気づけなかったからで、そのあたりまえも大切にして欲しい。

 

とにかく、

そんなジャニーズWESTのことが

今日も好きだったし、

明日も明後日もきっと好きなんだろうなぁって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったらこっちのもので

 

これまでのシングルも

なんだか特別に思えて、誇らしいから不思議だね。

 

そんなことに気づいた4周年の今日。

 

ここから5周年イヤーが始まる。

 

もっと大きな会場で、

ペンライトの海を見て

幸せそうな顔をする彼らを見れるかな。

 

きっとドームの上でもふざけ倒してるんだろうな。

 

メンバーの挨拶でもらい泣きしちゃったりして。

 

今からとってもワクワクしています。

 

これからもジャニーズWESTがてっぺん目指して突き進めますように!!!!


f:id:yutasho0929:20180423071619j:image